相対幹距比早見カード

左に目次が表示されていないときはココをクリックして下さい。表紙に移動します。

はじめに

ここには、研究成果に基づいて、当研究所が発行した手引書や仕様書などを記載しています。ご希望の方には、メールによる送付または郵送(ただし送料のみ実費負担)により配布しておりますので、配布方法をご覧のうえ、お申し込みください


相対幹距比早見カードについて

近年、針葉樹人工林の混み具合を収量比数ではなく、計算方法がシンプルな相対幹距比(Sr)で表すことが多くなってきました。そこで、現場で簡単に相対幹距比が求められるように早見カード(写真)を作成しました。

相対幹距比は、上層木の平均樹高に対する立木の幹と幹の間の距離(幹距)の平均値の割合です。これは、単純に立木密度だけで混み具合を判断するのではなく、立木の高さを加味し、同じ密度でも樹高が高い林分の方が混んでいると判断する指標です



相対幹距比早見カード 郵送シートイメージ
相対幹距比早見カード 郵送シートイメージ

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。



入手方法

「相対幹距比早見カード」の郵送をご希望の方は、冊子の請求方法のページからご請求ください。メールによる送付をご希望の方は問い合わせページ下部の問い合わせ先メールアドレスからご連絡ください。

※郵送の場合、ペーパークラフト式の作成シートを返送いたします(上記イメージ)。シート到着後、線に沿って切り離して作成していただく必要があります。メールによる送付の場合については、ペーパークラフト式の作成シートのPDFファイルを添付いたしますので、同様に作成をお願いいたします。



問い合わせ先

このツールに関する問い合わせは、こちらまでお寄せください。