研究課題
実施中の研究

左に目次が表示されていないときはココをクリックして下さい。表紙に移動します。


| 実施中の研究new | 終了した研究new  |

ここでは、現在実施している研究課題を記載しています(終了した研究課題はこちら)。
  また、研究課題を通して得られた研究成果のうち、文献やwebページを通して閲覧可能なものを併記しています。

そのほかの成果については、業務報告を参考にして下さい。


実施中の研究課題

  現在、実施している研究課題です。研究成果など随時、追加していきます。
  現在、実施している受託研究課題はこちらです。


【育種・育苗技術】
  • 花粉の少ない岐阜県産ヒノキ精英樹の培養苗のセル苗化による順化技術の開発(新規)
    (平成29〜30年度)越山科学技術振興財団
    • 花粉症対策のため、花粉の少ない岐阜県産ヒノキ精英樹の山行苗を、組織培養を利用して効率的に生産する技術を開発する。
    •   
  • 飛騨・美濃伝統野菜「高原山椒」の生産安定と新商品の開発
    (平成27〜31年度)農林業プロ・県単
    • 飛騨・美濃伝統野菜「高原山椒」の生産安定を図るために、省力的なさし木による苗育成技術を開発する。
    •   
  • 美濃和紙原料の高品質化のための栽培・管理技術の開発
    (平成27〜30年度)美濃和紙原料の供給安定化事業・県単
    • 美濃和紙の品質の維持と手すき技術の維持には、原材料の安定供給と品質確保が必要である。そこで、高品質なコウゾを安定して生産するための栽培技術、トロロアオイを安定して保存する技術を開発し、美濃和紙の高品質化と安定生産化に貢献する。
【造林・森林資源管理】
  • 針葉樹人工林の混交林化技術の開発(新規)
    (平成30〜34年度)地域密着型研究・県単
    • 「環境保全林」に位置づけられた針葉樹人工林を広葉樹との混交林へ確実に導くため、混交林の成立条件を明らかにする。また、高木性広葉樹が侵入定着できる間伐手法を明らかにする。
    •   
  • 岐阜県冠雪害発生予測技術の開発
    (平成29〜33年度)地域密着型研究・県単
    • 最新の全県下の気象条件と冠雪害発生地調査等の情報を用いて冠雪害危険度マップを作成する。また、地球温暖化に伴う将来の気象変動予測による冠雪害の拡大予測図を作成する。
  • 優良苗の安定供給と下刈り省力化による一貫作業システム体系の開発
    (平成28〜30年度)農林水産技術会議委託プロ
    • 苗木供給と下刈り功程に関する技術開発を行い、一貫作業システムの各工程を効率的に組み合わせて再造林の低コスト化を実現する。
    •   
  • 低コスト再造林のための育苗・植栽・初期保育技術の開発
    (平成26〜30年度)重点課題研究・県単
    • 「ヒノキ」コンテナ苗の育苗・植栽・初期保育過程の効率化と、シカ被害対策の体系化による低コスト造林技術を開発する。
    •   
【森林保護】
  • 農薬を使わないキノコバエ類の防除技術の開発(新規)
    (平成30〜32年度)地域密着型研究・県単
    • シイタケ生産において問題となっているキノコバエを防除するために、青色光を利用し、農薬を使わない新しい防除技術を開発する。
  • スギ・ヒノキ種子害虫チャバネアオカメムシの環境にやさしい省略的防除方法の開発(新規)
    (平成29〜30年度)小川科学技術財団
    • 採種園の害虫であるチャバネアオカメムシの防除に、カメムシの集合フェロモンで誘引した天敵が利用可能か検証する。
  • ヒノキ根株腐朽病の被害実態の解明と被害判別技術の開発
    (平成29〜31年度)地域密着型研究・県単
    • ヒノキ根株腐朽病による岐阜県における被害状況を調査し、被害が発生しやすい環境要因を明らかにする。また、被害の有無を非破壊で簡易に診断できる手法を開発する。
  • 低コストで手間のかからないニホンジカ採食防止技術の開発
    (平成28〜32年度)重点課題研究・県単
    • ニホンジカ被害に対する防除用資材にかかる費用と設置後の維持管理にかかる費用を抑える単木的および面的防除技術の開発を行う。
【森林保全】
  • 丈夫な森林路網整備のための路体耐久性向上技術の開発
    (平成29〜31年度)地域密着型研究・県単
    • 急傾斜地や危険地形など路体が破損しやすい箇所で、耐久性を向上させる工法を選択した際の路体の堅牢性を評価し、低コストで丈夫な路体耐久性向上技術を開発する。
  • 山地災害リスクを低減する技術の開発
    (平成28〜32年度)農林水産技術会議委託プロ
    • 従来よりも高精度に林地の災害危険度を評価する手法を開発するとともに、山地災害リスクを考慮した新たな森林計画支援技術を開発する。
【木材利用】
  • A材丸太を原材料とする構造材等の製品・技術開発(新規)
    (平成29〜30年度)木材産業・木造建築活性化対策
    • スギ大径材から製材した2丁取り、4丁取り製材に発生した曲がりを蒸煮乾燥工程で矯正する技術の開発や矯正メカニズムの解明を行います。
    •   
  • 針葉樹構造材用原木の性能選別に関する研究
    (平成29〜30年度)地域密着型研究・県単
    • 原木の強度と製品グレーティングの関係や心材色選別に基づく乾燥効果を市場および生産現場で測定し、選別手間と高強度比率の向上や乾燥コスト低減効果の関係を明らかし、普及に寄与する。
    •   
  • 要求性能に応じた木材を提供するため、国産大径材丸太の強度から建築部材の強度を予測する技術の開発
    (平成28〜32年度)農林水産技術会議委託プロ
    • スギ大径木から製材した心去平角材を対象とし、蒸気減圧併用の効率的な乾燥材生産スケジュールを開発する。
    •   
  • 東濃桧の色艶香りが際立つ無背割り乾燥材
    (平成27〜31年度)農林業プロ・県単
    • 高温蒸気式木材乾燥機により、県産材の品質向上に適した新たな乾燥スケジュールを開発する。
    •   
【特用林産】
  • 県内食用キノコの増殖と品質保持及び機能性成分増量技術等の開発
    (平成28〜32年度)地域産業大変革プロジェクト
    • アミラーゼ(酵素)による食用キノコの増収効果を高める実用技術を開発するとともに、キノコの品質保持と機能性を評価し、県内産キノコの販売に貢献する新たな価値を提案する。
  • 高級菌根性きのこの栽培技術の開発
    (平成27〜31年度)農林水産技術会議委託プロ
    • 高級食材である国産トリュフの感染苗木の林地植栽後の菌の定着や増殖に適した肥培管理手法を開発する。



実施中の受託研究課題

  現在、実施している受託研究課題です。
  現在、実施している研究課題はこちらです。
  受託研究制度について知りたい方は、こちらにお問い合わせ下さい。


  • 酸性雨モニタリング(土壌・植生)調査
    (平成11年度〜)令達事業(岐阜県環境管理課より)
    • 環境省が東アジア10ヶ国とともに実施する、酸性雨モニタリング調査のうち、岐阜県内の酸性雨の現状や生態系への影響を明らかにするために、伊自良湖(山県市)および大和(郡上市)で森林(植生)調査と土壌断面調査を実施している。

↑ Top


このホームページにご意見のある方はこちらまで